作業中のBGMは作業の邪魔にならないような曲を選びます。
いくら好きな曲でも、思考の妨げになるようなものは流せません。

 

私が作業中によく流しているのはAngelo Debarre。
彼は1962年8月フランスはサンドニに生まれた、マヌーシュ(ジプシー)・スウィングのギタリストです。
8歳の頃よりギターの演奏を始め、22歳の時に初のグループであるthe Angelo Debarre Quintetを結成しました。
翌年、パリのカフェで演奏しているときに、プロデューサーでありギタリストでもあるJon Larsenの目に留まりました。

 

それから3年後の1988年にJon LarsenのプロディースでCDリリースをリリースしました。

 


 

 

 

作業用BGMにもってこいのAngelo Debarreですが、おしゃれなカフェでコーヒーでも飲みながら聞いてみたいものです。

No related posts.