W

クリスマスにピッタリなジャズソング

in ジャズ , by kira

今年もクリスマスが近づいてまいりました。
お店に入ると、クリスマスソングを耳にする機会も増えたのではないでしょうか。
今回はクリスマスソングをご紹介します。
ジャズを中心に何曲かを紹介します。

 

1曲目はLouis Armstrongの歌うCool Yuleです。
Cool Yuleは1953年にSteve Alleによって作られたクリスマスソングです。
この曲は他にRoseanna Vitroなどといったシンガーによってカバーされています。

 

 

Louis Armstrong独特のしわがれた声がこの曲にピッタリと合っています。

 

 

次にご紹介するのはElla FitzgeraldのWinter Wonderlandです。
この曲を聴くとネオンで彩られた街並みや、クリスマスツリーなどが思い浮かびます。
私の好きな曲です。

 

 

 

最後にElvis PresleyのカバーするWinter Wonderlandをお聞き下さい。

 

 

Ella Fitzgeraldのカバーとは違った雰囲気ですね。

 
W

作業用BGMにピッタリな曲

in ジャズ , by kira

作業中のBGMは作業の邪魔にならないような曲を選びます。
いくら好きな曲でも、思考の妨げになるようなものは流せません。

 

私が作業中によく流しているのはAngelo Debarre。
彼は1962年8月フランスはサンドニに生まれた、マヌーシュ(ジプシー)・スウィングのギタリストです。
8歳の頃よりギターの演奏を始め、22歳の時に初のグループであるthe Angelo Debarre Quintetを結成しました。
翌年、パリのカフェで演奏しているときに、プロデューサーでありギタリストでもあるJon Larsenの目に留まりました。

 

それから3年後の1988年にJon LarsenのプロディースでCDリリースをリリースしました。

 


 

 

 

作業用BGMにもってこいのAngelo Debarreですが、おしゃれなカフェでコーヒーでも飲みながら聞いてみたいものです。

 
W

Konnakolとジャズの融合

in ジャズ , by kira

南インドの音楽にKonnakolというものがあります。
これはボイスパーカッションの一種です。

 

Konnakol – Indian Scat Singing

Konnakolに触れ影響を受け、自分の音楽に取り入れている海外ミュージシャンもいます。
今日はそのうちの一人であるLisa Youngを紹介します。

Lisa Youngはオーストラリア在住の歌手であり作曲家でもあります。
またメルボルンのジャズシーンにおいては著名な存在でもあります。

彼女は1994年からKonnakolを習い始め、インドのチェンナイでGuru Kaaraikkudi Maniに師事してきました。

これが彼女のKonnakolです。

Lisa Young – konnakol rhythms (extended version)

そしてLisa Young率いるLisa Young QuartetではジャズとKonnakolを融合させ、斬新な曲を作り上げました。

Lisa Young Quartet – The Eternal Pulse (Tha Thin Tha)

ただジャズにKonnakolを取り入れるのではなく、完全に自分のものにし表現し、とても素晴らしいです。