CDのアルバムカバーはその作品の印象を伝えるのに大きな役割を果たしているのではないでしょうか。
いわば「作品の顔」です。
そのような大切なアルバムカバーがですが、何を血迷ったかとんでもなく酷いデザインを採用してしまった作品を紹介します。

 

 

 

「君のネコと君」
見つめ合う2人の姿が素敵ですね(笑)

 

 

 

仲が良さそうですが、暑苦しいです(笑)
こういう乗り方は東南アジアでよく見かけますね。

 

 

 

統一感のない4人です。
このアルバムカバーから音楽を想像するのはちょっと難しいでしょうか。

 

 

 

キリストに向けて演奏するのでしょうか…?
よくわからないアルバムカバーです。

 

 

 

人形を背に乗せたお姉さん。
人形がジョッキーで、お姉さんが馬のようですが…。

 

 

 

「シャキッと座れ!」と言いたくなります(笑)

 

yesterdayはBEATLESの数ある名曲の中でもとくに優れた曲と言えるのではないでしょうか。
この曲は1965年8月6日に発売されたアルバム「4人はアイドル」に収録された曲です。
世界中のアーティストによってカバーされており、ビートルズ活動中の時点で既に1,000を超えるカヴァー・バージョンが存在したと言われています。
現在では世界で最も多くカヴァーされた曲としてギネス・ワールド・レコーズに認定されています。

 

今回はそのyesterdayのカバー曲を紹介します。
まずはオリジナルからお聞き下さい。

 

 

 

そしてこのカバー曲をどうぞ。

 

 

澄んでいてとても美しい歌声をしています。
心が洗われるようです。

 

 

続いてボサノバ風のカバーです。

 

 

お洒落なカフェデ流れてそうな感じがします。

 

そして最後はメタル・カバーです。

 

 

猛々しいyesterdayですね(笑)

 

今回はちょっとデキの酷いミュージックビデオを紹介します。
パフォーマンスをしているのはPATRICIA KRENTCILという女性です。

 

47歳になる彼女は日焼け好きでも知られています。
ハンパない日焼け好きだったのですが、最近は日焼けよりもボトックスに感心があるようです。

 

そんな彼女のミュージックビデオ。
It’s Tan Mom!(日焼けしたママ)を紹介します。

 

 

PATRICIA KRENTCILが陽気に踊るところから映像は始まります。
んー、楽しそうです(笑)

 

 

 

共演の男性も踊ります。
素人っぽさが隠せていません。

 

 

 

もう一人の共演者と踊るPATRICIA。

 

 

 

ロボットダンスのような謎の踊りをする3人。
…楽しそうで何よりです!

 

 

 

発光するPATRICIA!

 

 

 

ビーチで踊っています。

 

こんな感じでMVは流れていきます。
では実際にご覧下さい。